fc2ブログ

刺し子の製作

刺し子作品

先のことを考える余裕もなくミニチュア浴衣に取り組みましたが、次の課題を刺し子に決めました。
昨年度、中学校の授業観察にあたり教材を用意しましたので、これらを活用したいと考えたからです。
http://park.saitama-u.ac.jp/~hihuku/material_sasiko.html
学生たちが中学校でよく用いられる教材に取り組んでおくのも意味があると考えました。
市販キット(巾着袋)には、布(30×70㎝)、段染め糸、刺繍針、ひもがセットされ、
布には麻の葉模様や円模様縫い目の線が全面に印刷してあります。
6月22日、実験実習の対面授業が認められたため、ミニチュア浴衣の提出とキットの手渡しのため対面授業の機会を設けました。
刺し子の文化的科学的背景、模様の意味や縫い方について説明後、各自でデザインを考えてもらいました。
やはり対面授業はいいなと実感しましたし、学生たちも久々の登校を喜んでいるように思えました。
その後は再び黙々オンラインです。残り時間は思い思いのマスク作りに充てました。
8月3日、振り返りと提出のための対面授業としました。
大学生だけあって力作が提出されて、頼もしく感じました。




スポンサーサイト



ミニチュア浴衣の製作 

PET.jpg

今期の被服学実習Ⅱでは、浴衣製作を予定していました。
久しぶりの担当であり、果たしてスムーズに指導できるか心配な気持ちで、準備を始めていました。
ところが、4月7日からの緊急事態宣言によって年度当初は休講となり、4月27日よりオンラインでの開講となりました。
浴衣をあきらめ、ミニチュア浴衣つくりに変更しました。
ミニチュア浴衣の製作方法は、横浜国立大学薩本弥生研究室のHPに掲載されています。
手ぬぐいサイズの布を用い、浴衣の縫い方のエッセンスが込められた学習教材です。
学生たちは、各自で布、プリントを用意し、手縫いで製作に取り組みました。
説明の大半は動画を用いて行い、学生は黙々と手指を動かしています。
手元が見えないのが残念です。
1人の遅刻も欠席もなく6月8日にはペットボトルへの着装を終えて全員が完成しました。

アロハシャツの製作

スライド1
スライド2
スライド3
スライド4
スライド5
スライド6
スライド7
スライド8
スライド9
スライド10
スライド11
スライド12
スライド13
スライド14
スライド15
スライド16
スライド17
スライド18
スライド19
スライド20
スライド21
スライド22
スライド23
スライド24
スライド25
スライド26
スライド27
スライド28
スライド29
スライド30
スライド31
スライド32
スライド33
スライド34

パンツの製作

スライド1

スライド2
①型紙をまち針で布にとめる
②必要な縫い代をとって、チャコで裁断線の印をつける(青線)
③すその縫い代は、広げてとる(黄色〇)

スライド3
①はさみを作業台に置いて布を切る
②裁断完了(前パンツ、後パンツ各2枚、ポケット1枚)

スライド4
①布用両面複写紙を布の間にはさみ、布の裏面に印をつける
(しるしつけは必ずへら台の上で行い、体重をかけるようにしてルレットを前方に押し進める
②すそにむけて狭くなるような個所では、対称形になるよう型紙を置き直して印をつける)


スライド5
①前パンツ・後パンツの股下と脇の縫い代に、ジグザグまたはロックミシンをかける
②後パンツの指定された所にポケットの位置を決める

スライド6
①ポケット口は三つ折りにしてアイロンをかけ、ミシンをかける
②3辺にアイロンをかけて、出来上がりに形を整える
③指定の位置にポケットを置いてしつけをかけた後(青線)、ミシンをかける。
ポケット口は丈夫になるように黄色のように縫う。角では針を下したまま回転させて縫う

スライド7
①前パンツと後パンツを中表に重ね合わせ、股下とわきをまち針でとめる
②右パンツ、左パンツの股下とわきをミシンで縫う(縫い始めと終わりの位置に注意)
③アイロンで縫い代を割る
スライド8
①左右のパンツを中表に合わせて入れ込む
②股上を合わせてまち針を打つ

スライド9
①股上にミシンをかける。カーブ(黄色)は手で伸ばしながら縫う
②出来上がり線の2㎜外側(縫い代側)にミシンをかける
③縫い代にジグザグミシンをかける

スライド10
①股上の縫い代をジグザグミシンで始末する
②裾を三つ折りして、アイロンをかける。布端2㎜のところにミシンをかける
スライド11
①ゴム幅に合わせてゴム通しの幅(赤矢印:ゴム幅+1.5cm)を決め、チャコで線を引く (布が重なる脇などは出来上がり幅が狭くなりがちなので注意する)
②余分な縫い代(青矢印)は裁ち落とす
③ゴム通し口の周りをコの字に縫う
スライド12
①ゴム幅に合わせてゴム通しに必要な幅(青矢印:ゴム幅×2+2.5cm)を決め、チャコで線を引く
(布が重なる脇などは狭くなりがちなので注意する)
②余分な縫い代は裁ちおとす
③ゴム通し口の周りをコの字型に縫う

スライド13
①ウエスト周りを三つ折りにしてアイロンをかけ、しつけをする
②ウエスト周りをミシンで縫う
③広幅のゴムではA、Bの順にミシンをかける
④細幅のゴムではA、B、Cの順にミシンをかける
スライド14
①ゴム通しには、挟んで使うタイプ、通して結んで使うタイプがある。
②安全ピンで代用できる。15に示すように通したゴムを押えておくにも便利
③ゴムは周径の85%の長さを目安にカットする

スライド15
①ゴム通し口からゴムを入れる
②通し始めのゴムを安全ピンで固定しておくと抜けない(参考)
③2本目も同様に入れる

スライド16
①ねじらないようにゴムの両端を重ねて、ミシンで縫う。ロの字にミシンをかけてもよい。
②細幅のゴムでは、かがり縫いでつないでもよい

プロフィール

被服学研究室

Author:被服学研究室
被服製作ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR