fc2ブログ

パンツの製作

スライド1

スライド2
①型紙をまち針で布にとめる
②必要な縫い代をとって、チャコで裁断線の印をつける(青線)
③すその縫い代は、広げてとる(黄色〇)

スライド3
①はさみを作業台に置いて布を切る
②裁断完了(前パンツ、後パンツ各2枚、ポケット1枚)

スライド4
①布用両面複写紙を布の間にはさみ、布の裏面に印をつける
(しるしつけは必ずへら台の上で行い、体重をかけるようにしてルレットを前方に押し進める
②すそにむけて狭くなるような個所では、対称形になるよう型紙を置き直して印をつける)


スライド5
①前パンツ・後パンツの股下と脇の縫い代に、ジグザグまたはロックミシンをかける
②後パンツの指定された所にポケットの位置を決める

スライド6
①ポケット口は三つ折りにしてアイロンをかけ、ミシンをかける
②3辺にアイロンをかけて、出来上がりに形を整える
③指定の位置にポケットを置いてしつけをかけた後(青線)、ミシンをかける。
ポケット口は丈夫になるように黄色のように縫う。角では針を下したまま回転させて縫う

スライド7
①前パンツと後パンツを中表に重ね合わせ、股下とわきをまち針でとめる
②右パンツ、左パンツの股下とわきをミシンで縫う(縫い始めと終わりの位置に注意)
③アイロンで縫い代を割る
スライド8
①左右のパンツを中表に合わせて入れ込む
②股上を合わせてまち針を打つ

スライド9
①股上にミシンをかける。カーブ(黄色)は手で伸ばしながら縫う
②出来上がり線の2㎜外側(縫い代側)にミシンをかける
③縫い代にジグザグミシンをかける

スライド10
①股上の縫い代をジグザグミシンで始末する
②裾を三つ折りして、アイロンをかける。布端2㎜のところにミシンをかける
スライド11
①ゴム幅に合わせてゴム通しの幅(赤矢印:ゴム幅+1.5cm)を決め、チャコで線を引く (布が重なる脇などは出来上がり幅が狭くなりがちなので注意する)
②余分な縫い代(青矢印)は裁ち落とす
③ゴム通し口の周りをコの字に縫う
スライド12
①ゴム幅に合わせてゴム通しに必要な幅(青矢印:ゴム幅×2+2.5cm)を決め、チャコで線を引く
(布が重なる脇などは狭くなりがちなので注意する)
②余分な縫い代は裁ちおとす
③ゴム通し口の周りをコの字型に縫う

スライド13
①ウエスト周りを三つ折りにしてアイロンをかけ、しつけをする
②ウエスト周りをミシンで縫う
③広幅のゴムではA、Bの順にミシンをかける
④細幅のゴムではA、B、Cの順にミシンをかける
スライド14
①ゴム通しには、挟んで使うタイプ、通して結んで使うタイプがある。
②安全ピンで代用できる。15に示すように通したゴムを押えておくにも便利
③ゴムは周径の85%の長さを目安にカットする

スライド15
①ゴム通し口からゴムを入れる
②通し始めのゴムを安全ピンで固定しておくと抜けない(参考)
③2本目も同様に入れる

スライド16
①ねじらないようにゴムの両端を重ねて、ミシンで縫う。ロの字にミシンをかけてもよい。
②細幅のゴムでは、かがり縫いでつないでもよい

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

被服学研究室

Author:被服学研究室
被服製作ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR